2chまとめ!!ぴゃおぴゃおチャンネル

いろいろまとめてみましたがSS、ギャンブル、修羅場系な話が人気なのでそれ中心に。 ブログ名変更しました。

カテゴリ:SS > 先輩後輩

5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/02(木) 02:01:12.336 ID:HAFDkJuSp.net
先輩「今日だけだよー?」

俺「わーい」

先輩「よしよし」

俺「ふかふかだあ」

先輩「だーれーがー、太ってるって?」

俺「言ってない言ってない」

先輩「全く、調子いいんだから」

俺「よっ、先輩太っ腹!」

先輩「誰が太っ腹だ!」

俺「言ってない言ってない」

先輩「太ももから頭をどけなさい」

俺「言いましたすみませんでした」

先輩「よろしい」

続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/20(水) 22:37:44.330 ID:nTs177pI0.net
先輩「うおわああああああ!!」ドンガラガッシャーン

後輩「うわあああああああああ!!」

先輩「何してんだお前えええええええ!!」

後輩「い、インターホンは押しましたからっ!ずっ…ズボンここです!」

先輩「勝手に入ってくんじゃねえよ!!何だよ!」ゴソゴソ

後輩「だっていつも勝手に入ってるしっ…返事ないからどうしたのかなって…」

先輩「あーもういい…もういい」

後輩「……」

先輩「何だよ早く出てけよ…」

後輩「あ、あの…」

先輩「何だ」

後輩「良かったら…ですけど」

先輩「あ?」

後輩「俺が続きしましょうか?」


(省略されました。全てを読むにはワッフルワッフルと書き込んでください)

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2014/07/06(日)21:04:14 ID:smdkTcXvn
6月初旬

後輩「いやはや先輩、一ヶ月なんてすぐですよ、すぐ。先輩だってこの高校に入学してから今までなんてあっという間だったでしょう?」

先輩「確かにそうではあるのだが…………」

後輩「ありゃ、やけに言葉を濁しますね」

先輩「それを認めてしまえば、受験が超高速で私の元へやってくることになるからな」

後輩「あー、先輩、高三ですもんね。でしたら冬までにタイムマシンを開発しましょう」

先輩「そのための努力がめんどくさいよ」

後輩「ダメ人間だ」

先輩「タイムマシンなんて夢物語を語るやつには言われたくない」

続きを読む

1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 21:05:21.37 ID:C/gzU7ES.net
凛「(男子陸上の先輩がなんの用だろ……)」

凛「はい、どうしました?」


先輩「いやーちょっとしたい事があるからさ……体育館裏後で来てくれね?」

凛「え………あぁわかりました……」


凛「(なんだろ?でも長くなりそうだし……かよちんに先に帰ってて言っとこ)」

続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/22(金) 00:36:00.108 ID:rCULwYqs0.net
先輩「ああああ!?」

後輩「ああああじゃないですよ、人の部屋で何やってるんですか」

先輩「あの…ストレッチ?」

後輩「ストレッチじゃなくて一人エッチでしょ、しかも後輩のパンツで」

先輩「あ…その…誰にも言わないでください」

後輩「…ぼくのこと好きなんですか?」

先輩「はぇ?」

続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 20:12:42.399 ID:vnq1VYObM.net
後輩「私と離れるの寂しかったりしますー?」

先輩「うん。寂しいよ」

後輩「素直でいい子ですねぇ。……で、他に何か言うことはないですか?」

先輩「あー。卒業してからも、機会があったら遊ぼうね」

後輩「もう! 先輩は意気地なしですね!」

先輩「うん? 何が?」

後輩「まったく! 年下の私に言わせる気ですか!?
  先輩が私のこと好きなこと、ずっと気付いてましたよ!」

先輩「>>5

続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/02(月) 15:37:26.27 ID:kHTOeRl+M.net
後輩「えー? いいじゃないですかぁ。みんなやってることなんだしぃ」

先輩「そ、そうだけど……。学校で言われると恥ずかしいじゃない……」

後輩「もぉー! 先輩のそういうところ、かわいすぎますよー!」ダキッ

先輩「う……。抱き付かれるのも恥ずかしいからやめて……」

後輩「嫌でーす! 離しませーん!」ギュー

先輩「うう……」

後輩「私、なんだかムラムラしてきちゃいました! 学校で一回シてから帰りましょう!」

先輩「>>5

続きを読む

このページのトップヘ